魅力的な新築一戸建てを選ぶ|快適な場所を探す

積み木

条例に沿った家を建てる

家の模型

家を建てる時、まず確認すべきことのひとつに、その地域の建築に関する条例があります。建物の高さや外観などについて、制約が設けられている場合があるのです。多くの場合、制約は景観や文化的価値を守るためのもので、歴史ある街や観光名所でよく見受けられます。京都はその中でも最たる場所のひとつです。京都の市街地の多くが景観地区に指定されており、家を建てる際には細かいルールがあります。大まかに一言で言えば、京都らしい建物でなければいけないということです。つまりは、外見が和風であることが絶対条件なのです。他にも、壁の色や素材、エアコンの室外機の隠し方など、地区によっては驚くほど細かい制約があります。それらを踏まえ、家を作るならば、注文住宅でなければほぼ不可能と言えます。さらに、京都の住宅事情をきちんと理解して、実際に京都で注文住宅を建てている業者を選ぶのが重要です。何故なら、京都で条件に合わせて建てる場合、普通の注文住宅より確実にコストも手間もかかるからです。まず、京都では、事前に市の担当者にこんな家をここに建てたいという旨を説明して許可を取らなければなりません。安さだけで適当な業者に依頼して、基準に満たないような建物を提示される危険は避けるべきです。また、厳しいルールは素人には分かりにくいため、それを利用して値段を上げるような行為も存在します。きちんとした実績と経験のある、信頼できる業者を選ぶことが、京都で注文住宅を建てる際には大切なのです。